読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海の幸と玉手箱

 

謎の料理研究家2014年初の来訪。

いきなりひじき採り!

f:id:sarai-kitagiisland:20140121093831j:plainf:id:sarai-kitagiisland:20140121095455j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20140121234138j:plain

 

そしてひたすら煮る!

f:id:sarai-kitagiisland:20140121234344j:plainf:id:sarai-kitagiisland:20140121234622j:plain

トリニダードトバゴの奥地に潜むひじき密造業者。

 


ひじきづくし料理オンパレード!

f:id:sarai-kitagiisland:20140121171414j:plainf:id:sarai-kitagiisland:20140121172025j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20140121180041j:plain

ひじきパン、ひじきクッキー、ひじき煮、ひじきごはん。

f:id:sarai-kitagiisland:20140121190032j:plain

ひじきクッキーは山脇氏のひらめき創作料理!意外性の味!早急な商品化を期待します^^

 

夜は藤川良一氏も潜入してきたので3人で夕食がてら秘密会議を

開く!

 


部屋の中で火鉢で焼き鳥。

f:id:sarai-kitagiisland:20140121185331j:plain

白い煙がモクモクと立ち上る中、男3人が密談をかわしているの図はいやでも怪しげである!

いつしか白い煙は視界を閉ざし始め、謎の料理研究家と私はわけも分からず笑いこけ藤川良一氏は冷静に白い目をむいている!

ハタと気づいて謎の料理研究家(略して山脇氏)が窓を開ける!

新鮮な空気と潮騒の音。

「今やばかったっすねー!!」山脇氏。

「おー、これがノーマルの状態よな~!空気がうめ~!」私。

「一体何が起きたん?」藤川氏。


男3人危うく一酸化炭素中毒で死にかけていたようだ。

じわじわと酸素が少なくなっていくと人はある種の恍惚状態に陥るということが判明した!

室内で火鉢で焼き鳥はおいしくてもきっとやめておいた方が身のためだ。


生死の淵を気持ちよくさまよって帰還した3人のその後の会談は実に明瞭でヴィジョンに富んだものであったのは言うまでもない。