読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日が一年を物語る

初春や 瀬戸の調べと 初日の出
(地球上の営みに合うのは旧暦太陰暦を元にして出来た暦)の方であるらしい。旧暦でいえば本日は元旦にあたる。)

 

皆様明けましておめでとうございます!
(小生が太陽暦でいうところの元旦にこの言葉をFBに投稿しなかった意味が今明らかになりましたね。)

「一年の計は元旦にあり」と言われるが、

計らずも今日という日が小生の今年一年を占うかのような濃縮還元日であったのは実におめでたいことである。

しかもその日が小生の戸籍上でいうところの(うちのおっ母は小生を30日の夜遅くに産み落としたため戸籍登録を翌日31日で届け出た。)小生のお誕生日!


上記3点のおめでたいの邂逅だったわけですが、

今日一日の中にもおめでたい!がいくつもちりばめられていた!


ここで一言。(しかしよくもまあ毎日こんな長々と書くことあるなあ!この仙人!)みたいに皆さん思われてると思いますが、
これは私もそんな風に思うんでありまして^^;本当はこれを書く時間を他の事に(例えばギターを爪弾いてみたり読書をしてみたり瞑想してみたり・・・)充てたいわけでありますが、
やむにやまれず!書かずにはいられず書いているんであります!いやそれだけ書かなければいられないことが日々押し寄せるわけでありまして、これは実はありがたいことなんだなあと思いますよ。
本日なんかたぶんめっちゃ長いと思いますが、「長い」というのはそれだけそれなりにとても重要な意味を持つ内容なんであります!少なくとも僕にとっては。
以上、こんな前置きがまたやたら長くなる原因である!と言われそうですが、これにしたってたぶん意味ありますよね?

 

早朝、新月のわかめはどんなお味か?!これを明らかにするため私はわかめの宝庫である磯へ夜明け前出かけた。

暗い上にメガネがない(普段の度入りサングラスではもっと見えないのでやむを得ず裸眼)ためよく分からないけども

いっぱい採れたワカメ!

 

東の空が明け白み皓々と輝いていた金星も空の中に消えてゆき、あけぼのから金色に染まり始めると真鍋島の向こうから天照大神のお出ましである。

初日の出を拝す。

f:id:sarai-kitagiisland:20140131072310j:plain

約一週間前に見つけたその時は名も知らぬかわいらしい紫の花ハマナデシコはもう半分くらい花を散らしていた。

ご来光を拝みじっと見つめていると、先日島の仙女Kさんがおっしゃっていた「あの朝の太陽はほんまにええな~!あれが一番ええな~!」の言葉が蘇り、

(ほんまにええっすわ!Kさん)とつぶやく。

天照大神より無限なるエネルギーとパワーをいただき、浜に転がっていた枝っぷりのいい流木を思わず担いで帰る。

普段なら(こんなデカイもん?!)と躊躇するところだがなんだか知らないが迷わず担ぎ砂浜を歩き急な山道を登り狭いカーブも曲がり家まで約1kmかな、持って帰った。

これは私がやったんではない!天照大神の御力である!としか思えない。


帰ってさっそく教わった通りにわかめを熱湯に湯通しして冷水につけて干す、作業を開始。


いつもお世話になっているNさんがやってきた。

「ちえみさんからこんなメール届いたんや。」

メールの内容は、僕がFBに投稿していた記事の中で「チェーンソーが壊れてて手のこで木を切り出している」と書いてあったのを見て、大変だろうからとN氏にチェーンソーを直してやれないか、という依頼であった!


ということで、またもNさんのお世話になってしまい申し訳ないが、Nさんも結構メカに詳しくて快くやってくださった。


僕はわかめ作業中だったためわかめもしながらNさんの修理作業も見学。


ワカメ作業をしていると、

「うわぁ~!」

とNさんの力ない叫び声!

「やってもうた!バネがどっか飛んでもうた!」

探す。なんとか見つかる。


再びワカメ作業に戻りしばらくすると、

「ひえ~!」

とNさんの雄叫び!

「やってもうた!ネジがどっか飛んでもうた!」

探す。なんとかあった。


Nさん作業しながら、

「俺な、いろいろ直しよるけどな、いっつも終わった後にネジが2,3本余ってたりするねやんか。」


(え?!)

(まあでもNさん昔バイク一台分解して組み立てたらしいし、軽四のエンジンも分解して直したらしい!から大丈夫だろう。)


チェーンソーの故障原因はガソリンがキャブレータなる箇所に行っていないためエンジンがかからないらしい。

オイルが固まって詰まっているからだろうということで、キャブレータを分解し燃料の通る部分全部を掃除する。

細かい部品があったりするので微妙な作業なんである!

ところどころアシスタントしながら、なんとか詰まっている部分すべてをクリーンアップ完了し、組み立て!

そして、エンジンをかけてみる!

ブルブル・・・スコスコ。

「なんでやねん!」

またいろいろチェック。あそこでもないここでもない・・・

もう一度、エンジンをかける。

かからない。

またチェック。

「ああここや!」

なんでもない場所の燃料ホースが外れていた!

ホースをはめてエンジンをかける。

ブルブルブル~!響き渡るチェーンソーエンジン音!

「うわーい!かかった~!かかったな~!」

Nさんも僕も子供のようにはしゃぎ喜ぶ!

さっそく木を切る。

切れ味悪い!目立てをしてそれでも悪そうならチェーンを代える必要がある。


しかし、チェーンソーは直った~!!木が切れる!これさえあれば、あの今まで指をくわえて見ていた枯れバベの太い木をバンバン切って薪に活用できる!!

これは今の僕にとって最高に役立つ便利ツールなんである!

時間も労力も短縮されさらにバベの宝の山が無尽蔵のごとく我が物となる!

ちえみさん、Nさんありがとうございます!

そうだ!これは実に最高の誕生日プレゼントじゃあないか!ハハハ

Nさんの修理風景も見れたので同じ故障はたぶん今度は自分でも直せそうだ!ありがたい勉強になったしー!!

 

Nさんが帰ってすぐに以前の派遣会社の友人(ほとんど僕と年の変わらない女性)から久しぶりにメール。

「おはよう!元気にしてますか?北木は順調?」

返信する。

「こっちはなんとか綱渡りでがんばってるよ。そっちはいかが?」

「私もギリギリ綱渡りかな。来週からまた○○(派遣仕事先)復活。体に気をつけてくださいね!」

「○○また始まるんだ?!よかったじゃん!まあ派遣行ってた方がずっと楽だけどね^^;確実に今のほうが楽しいし面白いし毎日が充実してるわ^^頑張って!」

その後メールなし。


このやりとりすごく意味深いなあと感じた。しかもチェーンソーが直った感動のすぐ後!

この1年という長さが立場はほぼ同じだった僕と彼女(あ、ただの友人ですからね^^;念のため)の距離を随分と引き離したと感じるし、彼女もそう感じているに違いないと思った。

また経済的問題と充実した日々を生きるというのはまったく別問題ではないか?!と改めて気づかされる。

彼女が一刻も早く生きがいのある人生を創造できますように!


午後から食パンを焼いた。

一斤である!

パン種を仕込み忘れていたためあと2斤くらい焼こうと思ったができなかった^^;

あと、ついでにまたスコーンを作ったろう!と思い、今朝ヤギ乳を搾ったがまたまた少なく!それでも10個分くらいはできるかなあと思っていたら、

貴重なしぼった乳の入った鍋をすずらんに蹴飛ばされ台無しになってしまった!

「ば、ばかたれ・・・いや、ごめんすずらん、こんなところに置いた俺の不始末だ。」

ああ無情。


ということで、食パン一斤。

食パン一斤のために2時間薪で石窯を暖めるのは時間も労力も薪も無駄な気がする。

しかし、僕はそうは思わなかった!

(いやあ実に食パン一斤にこれだけの労力を費やすというのは凄い食パンだ!これは作るほうも食べるほうも実にゴージャスな真に贅沢なことじゃあないか!)

そんな風に思っていたら、チェーンソーも直ったし貴重な薪のバベがかなり労力少なくして手に入るし!


そして実際石窯を暖めるのも今日は早めにしかも多めにバベを投入したら、

ほんの1時間ほどで温度上昇しかなりいい温度で安定。バベが熾きになるまでの間、山へ行って薪用の枯れ竹を採ってくる。

帰ってきてちょうどいい温度(200度強)に安定した石窯に食パン投入!

火を入れてから2時間も経っていない!

焼き上がりはバッチシ!

バベは凄い!

 


ゴージャスな食パンを頼まれていたちえみさんにお渡しすると、ちえみさん手製のかぶの千枚漬けをいただく。

 

その後夕食。

もちろんわかめのシャブシャブ

それから昨日ちえみさんにいただいたかぼちゃスープ。これにトーストした我輩のなんちゃってカンパーニュを浸して食しますと、

こ、これは絶妙にうまい!!サイコー!

ということでかぼちゃスープのレシピを今度教わろう!と思う。

他にもいつもの蒸し野菜も食べ、どんだけ食うねん!っていうくらいで、すずらんのことは言えないなあ、と苦笑しながら。

 

とまあこんな風な一日はなんか知らんが物凄い濃厚な一日だった!

しかもなんかすげえ仕事量じゃないか!と自分でも思ったが、全然疲れるどころか実に充実しているんである!


これはまさに天照大神の御力。

そしてすべて完全に調っていると思えた、そんな初春の慶び&47回目の誕生日であった。