読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バター作りだよ人生は

チェーンソーまたも!

朝、しいたけのホダ木伐採のためチェーンソー持って山に入った。

木を一本も切らぬうちにチェーンソーがまた壊れた。

前回と同じスターターの故障。

f:id:sarai-kitagiisland:20140302105158j:plain

ここはもう何回故障しようが直せるところだが、今回はこのゼンマイの先っぽが折れるという事態に!

フック状に曲げられたゼンマイの先っぽが止めになっているわけだが、そこが折れたのでまた先っぽを曲げなければいけない。

ペンチで曲げてみるとポキッと折れた!

ガスレンジの火で熱すると曲げることができ、修理完了。

しかし、ゼンマイが短くなったせいかスターターの掛け代?も短くなってしまった!

普通スターターロープを引っ張ると「ブルブルブル」とモーターが回転するが、

修理後はその「ブルブルブル」が「ブル」で終わりなわけですな!しかもなんか固くて手が痛い^^;

とりあえずエンジンはかかるが、この「ブル」だけで掛けないといけない!

あ~、なんとか新しいチェーンソー買えるまでもってほしい・・・いつのことやら。


で、結局木も切らずチェーンソーを直し昼飯食って、すぐ仕事するのもなんだから、

昼休憩がてらヤギ乳バターでも作ってみよ♪ってなことで、取りためてあった生クリームをシャカシャカと泡だて器でかき回すことにした。

ネットで作り方を調べて、泡だて器でかき回す方法と容器に入れてシャカシャカと振る方法があったのだが、私は前者の方が良いように思えこれを採用した。http://yyyg.net/honto_milk/4_other/batter.html

両方とも「意外とかんたん!」とか「とっても簡単!」とか書いてあるので、(ほーそんなもんか、ただかき回してりゃできるんだ。)ってなもんで、

なんかキューピー三分間クッキング的ノリでやってみたっつうわけですな♪チャンチャカチャカチャカチャンチャンチャーン♪つってね。

しかし、これが波乱の幕開けだったとはその時は知る由もなかった!


昼休憩がてらだから30分もあればおいしい夢のヤギ乳バターのできあがり!ヤッホー!っていう像を心に描いておったわけですが、

かき回していると、第一段階でホイップクリーム、第2段階でシャバシャバの水状態、そして最後に白い塊と液体に分離、とこういう流れでバターができるはずなのですが!

まず最初のホイップクリーム状になるまでに1時間!

この時、(今までホイップクリーム状だと思っていたのは単なるドロドロ状態でこれがホイップクリーム状かあ!)と感心、してる場合じゃなく、

(っつうか!やっとホイップクリームかよ?!もう1時間経過してるっつうのに!)

ってことに気がつき、おまけに右腕がヒジョーに重たくなっていることにも気づき、

(これはいったいどれくらい時間かかるんだ?!ネット情報じゃ「意外とかんたん♪」とか書いてたけど!)

と少々雲行きが怪しくなり、

(しょうがねえなあ、乗りかかった船だしとにかくかき回すべ!)

馬鹿になったつもりでひたすらかき回す・・・

第2段階のシャバシャバ水状態に、その後1時間経過してもならず、

(おーい!相変わらずホイップクリームかよ!一体どんだけかき回しゃいいんだよー!俺はそんなに暇じゃねえんだよー!)

よく考えてみたら、ネットで見たのは電動泡だて器を使っていたっけ!そりゃ腕も痛くならねえし早くかき回せるわなあ・・・ってことに気づき、

(えーい!もうホイップクリームで手を打とうか?!ペロッ。けっこううまいし!)

(いやいや!のりかかった船だっつーの!ここであきらめたらすべて水の泡だっつーの!)

(しかし、手も腕も肩もパンパンだし、目は回るようだし・・・おれがバターになるっつーの!だいたい泡だて器で手にマメができるとは思わんかったわい!)

(待てよ?容器に入れてシャカシャカ振る方のが楽に簡単にできるんじゃねえか?!)

と、どうしようもない疲労感から浮気に走る!

そして容器に移し替えシャカシャカシャッフルってみるが、

(なんでえ!これもけっこう疲れるし、なんだかあやしいもんだ!やっぱ泡だて器の方がいい!)

と、また元に戻す。

そしてかなりの苦痛にミロのヴィーナスのごとくなまめかしく身をよじらせながら必死でかき回し続け、

開始から約3時間30分、シャバシャバの水状態に!

(おーい!やっとこの状態かい?!もう16時30分だっつーの!)

もう泣きが入りそうな状態で、しかしもう第2段階に入ったのでその後は早いだろうと希望に胸を膨らませさらにかき回す!

ところがこれまたいっこうに水状態から変わらない!

(あ~!もういやだ!っつうか腕がかなり限界に近い!勘弁してくれ~!)

このどうにもならない怒りとも悲しみともつかない嗚咽の中で、私は思った。

(うーむ、これは人生と同じだな。もう限界、もういやだ、ってところであきらめたらそれまで。そこからさらに歯を食いしばって耐えてやり通した時に

事が成就する!あとであの時もうちょっと踏ん張っておけばよかった、などという後悔で一生を送るなんてことはそれこそ勘弁だ!)

(しかもこれは今後の島のSARAIの運命をも占う出来事であるかもしれん!これで苦労してどうにもならん、となったときにバターがゴソッと出来てみなよ!それと同じことがこれから島のSARAIでも起きるってことの予兆ともなるわけで!うーん、そうかもしれん!がんばるぞー!)

そんなことを気休めに思い巡らせながら歯を食いしばってかき回すが、いっこうに固まりができる気配がない!


(ああ、もういい、もうこんなのやっとれん!明日のパンの仕込みもせにゃならんし!ああバターなんて誰が発明したんじゃい?!おかげで俺は大変な目に会っちゃってよ!バターなんてものがあるから・・・)

などととんでもない憤懣に思いをゆだね、さじを投げ・・・いや泡だて器を投げることにした!

(まあもったいないからこの液体はビンに入れておいて後でなんかしながらでも適当に振ってみときゃいいだろ。)

もう投げやりである。

(島のSARAIもこんなもんか・・・)

なにか後ろ髪引かれるような思いで躊躇しながらももう心身ともに限界といった状態で、泡だて器もボールも流しに放り投げた!


ん?!

投げ出したボールと泡だて器を2度見でじっくり見ると、そこになにやら白い固形物が付着しておるではないか?!

そして指でこさいでみるとヌメッとした明らかにバター的触感!そして舐めてみる!

「バターや!バターやんけ!出来だしとる!」

私は慌てて泡だて器とボールを回収し先程のビンにうつした液体をボールに再び空け再びかき回し始めた!

そして10分ほどかき回すと白い小さな固形物が浮き上がり始めた!

「おー!バターじゃバター!やっほー!」

それからの私は狂ったようにかき回し手が見えないほどであった!(きっと涙で見えなかったんだ)

f:id:sarai-kitagiisland:20140302173940j:plain


そしてとうとう私がバターになる一歩手前でヤギ乳バターができあがったのである!!

正味48g! (生クリーム時257g)

真っ白い正真正銘のヤギ乳バター!風味豊かなヤギ乳バター!なんかいい香りがするヤギ乳バター!

f:id:sarai-kitagiisland:20140302175742j:plain


開始後約4時間30分。4時間以上泡だて器を振り回していたとは!

 

バター作りをしようと思っているあなた、電動泡だて器をお持ちですか?

お持ちでないならまずそれを用意してから始めてください!

人生を学びたい方はぜひ手動泡だて器でひたすらかき回してみてください。きっと大きな気づきに出会えるでしょう。

 

さあ次はヤギ乳バターでアップルパイ、かクロワッサン、どっちにしよ♪