読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アコーディオン!

今朝スクールバスで児童を学校へ送って行った時、

幼稚園に中学生が1人いたので話しかけた。

私  「お?!なんでこんなとこにおるん?学校は?」
中学生「今日は職業体験で来てるんです!」
私  「ほ~そりゃええことしとるね!他の子らは?」
中学生「笠岡の税務署や市役所に行ったりしてます!」
私  「ほ~いいねいいねえ!・・・しかし、ウチに来る子はおらんのやね!」
中学生「え?!・・・ヤギさんって何してる人なんですか?」
私  「は?!・・・えーっと、そりゃ君、ピザ焼いたりヤギ飼ったり・・・ライブしたり・・・」
中学生「???」

 

いや、「???」じゃねえだろ!って感じですね^^;(本人も?なんだよ!)

しかも相変わらず「ヤギさん」で親しまれているというね^^;
島の音楽祭大好評だったにもかかわらず「ヤギさん」の地位は不動のようでありまして^^;
あるおばちゃんにも本日「ヤギさんヤギさん!」と呼び止められ、
「はいー!」(と返事するからいけねえんかな?いや、返事しないわけにはいかないし。ヤギさんったら僕しかいないわけで・・・)
何かと思ったら、
「これもういらんから使わん?」
アコーディオンをくれたりしたわけでして!(この辺島の音楽祭が功を奏してるなあ!)
それもおばちゃんが若い頃使ってたというから少なくとも40年前くらいのビンテージ物!

こりゃいいや!と二つ返事でいただいて帰りました!

(これで俺も横森良造のようにおばちゃん達の演歌の伴奏に引っ張りだこだわい!
・・・いや、それって嬉しいか?!)

そんな空想もつかの間、アコーディオンについては門外漢の私ネットで調べたら、
いただいた代物は練習用程度のものらしく
どうも弾ける曲の範囲が限られるみたいだし(だいたい弾けないけど)、

ちょっと弾いてみたが、
どうも常に不必要な音が鳴っているみたいな
ちょっとした故障品であるようだ、と判明しまして^^;

まあインテリア兼遊び道具にはいいかな、って感じです♪

 

f:id:sarai-kitagiisland:20141119101338j:plain