読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリスマスプレゼント

釣竿が欲しい、燻製作りたい、タコ捕りをマスターしたい、杵を作らなきゃ、・・・

 

最近以上のような願望を抱いておったのですが、

 

すべてなんらかの形で成就した!あるいはしつつある!

 

1.釣竿はF良一氏が使っていない釣竿など2セットほどを貸してくれた。

 

2.使わなくなった手作り燻製器を島のN氏が燻製チップなどと一緒に譲ってくださった。

f:id:sarai-kitagiisland:20141226114119j:plain

 

 

3.タコ捕りに必要なゴム長(まだまだ使えそうな)と道具が納屋に3つも眠っていた。

  タコ捕り道具があるなら伝授してやるという島のおっちゃんがいる。

f:id:sarai-kitagiisland:20141226183917j:plain

 

4.杵はとりあえず去年も使った古い杵を削って使うとして、

  予備として餅つき機(古いけどほとんど使っていない)を島のおばちゃんがくださった。

f:id:sarai-kitagiisland:20141226150036j:plain

 

とこうまあすべてお金も労力もかけずにそろってしまったという!

2、3、4は本日の出来事であって若干遅れたクリスマスプレゼントとみなして

僕は喜びに浸っているわけである。

 

さっそくいただいた一斗缶燻製器とサクラチップと木っ端で

実験用にチーズ、かまぼこ、あらびきソーセージを買って来て(ここだけお金使ってしまった!)

燻製づくり試した!

f:id:sarai-kitagiisland:20141226195051j:plain

これで釣って来た魚などをスモークしてみちゃおうって魂胆である。

 

そしてゆくゆくは島に移住してきたらしいイノシシや鹿の燻製(捕獲しなきゃ!)

あるいは増えすぎて困るヤギの燻製・・・

 

非情でしょうか?!

 

家畜の末路として感謝でいただくということはどうしても避けて通れない道であると

最近感じるのであります。

どこかに捨てる、とか、業者に引き取ってもらう、というのはなんとも無責任な感じがします。

かといって自然死を待っていたんではヤギだらけになってしまう・・・

全部去勢するのも手でありますが、去勢も非常に大変な作業です。大人になったヤギなんか

かなり残酷かもしれません。

こういう問題に自ら対処できないなら最初から飼わない、というのが筋なんでしょう。

だから僕はそういう意味では飼う資格なしなんだけど^^;

自分でできる限りのことはやろうと思っています。

気が重い^^;

 

とまあヤギを燻製にする言い訳に話がそれてしまいましたが、

 

とにかく、懐はさみしくても必要な物欲しい物が

人様からいただけるという運の良さであったり人のやさしさであったり・・・

悲しいかな、お金だけは運よく転がり込むことはない・・・こともないな^^;

想いが明確に定まると物事が動き始める。

「お金」ももっと「欲しい」と思ったほうがいいのかなあ・・・^^;

 

あと、やはり島のN氏が本日「とうとう手に入ったで~!」と見せに来たのが、

ブロア。

f:id:sarai-kitagiisland:20141226110226j:plain

これはN氏が北木島を一周する自転車道の整備に必要なものだが、

先日ウチの上の家のKさんがN氏が随時自転車道の草刈を自主的にやっていることを

知り、何かの足しにして欲しいとN氏に預けたお金で購入したもので、

N氏曰く、「北木島をよくしようとしてる人たちの共用品」

ってことで、とりあえず年明けまで僕のところに置いておくってことで持って来られた。

これで吹き飛ばすとなんと掃除の早いこと!あっという間である!

こうやって北木島をもっと美しくしようと人知れずがんばっている人たちにも

天の恵みが与えられている、ってわけだ。

これはN氏と北木島へのクリスマスプレゼントかな^^

 

 

なにはともあれ、こんなことが本日色々とあって

(そういうことなんだな!)

って気づいたんです。

 

正直、今朝目覚めた時、またもや、今度こそ、本気で

もうここを引き払うことを考えるか、あるいはしばらく帰ってバイトでもして再スタートするか・・・

との想いが出てきてどうにもやりきれない感じでしたが、

 

またも

 

(そんなに心配しないでいい!なんとかなるようにしてやるから!)

あるいは、

(そんな心配より、ほれ、こんなにやるべき面白いことがあるじゃないか!)

 

と目に見えない存在が僕を引き止めるかのように僕を有頂天にさせる出来事が相次ぐといった始末であるわけです!

もうこれは今までの島暮らしの中で何度もあったことなので、(またも?!)って感じです。そう、何度もあった!だから今ここにこうしていられるわけです!

 

だから結局こういうことを僕は体験で示すという役割もあるんだろうな、

とそれに改めて気づいたってわけです。

そして、

(やはりこの島はもっともっと魅力的な島になる。)

新たな野望さえ生まれてくるといった具合です。

 

そんなことを考えながらとりあえず試験的にできた燻製を酒のつまみにいただくのでした。

 

うめ~^^

f:id:sarai-kitagiisland:20141226201935j:plain