読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島の家族

昨夜は北木島の栄龍石材の米田家にお呼ばれしました。

社長龍治さんのご長男雄樹さんの3男大雅くんの幼稚園入園祝いであったわけであります。

そしてまた龍治さんのご次男功太さんも今月から北木島に帰って来られ栄龍石材にお勤めされているという万全なる家族経営企業となったわけですね!

昨夜はその米田家のまさにご家族の仲睦まじさと愛に満ち溢れた空間の中で思いっきり楽しい時間を過ごさせていただきました!ありがとうございます!!

子供が4人もいておじいちゃんおばあちゃんがいて叔父ちゃんがいて・・・それはなんかとても昭和な感じで、いやもしくは大正以前の日本の大家族はこんなだったんじゃないか的幻想に浸ったりもしたものです。そこにゆるちゃんだとかヤギさんだとかいうわけのわからないおっさんがいたりする・・・

これはヒジョーに情操教育にはよろしいんじゃないかと思いますよ!

 

そして子供達がいるとホントに楽しいんでありますね^^

 

長女桃ちゃんがスマホに説教を食らったり(笑)

スマホ音声認識検索機能に問いかける桃ちゃん

「あなたは誰ですか?!」

スマホ「わたしが誰かなんてどうでもいいことです!」

 

桃ちゃん「ちんこ!」

スマホ「そんな言葉は使わないでください!」

 

あるいは次男幼稚園児の龍一くんがいきなり

「ヤギさんの手、うんこくさいー!」

って、

僕「いや、なんでやねん!(一応嗅いでみる)うんこの匂いしないやん!」

 

それは若干1歳の雄馬くんがお漏らしした匂いだったんですねえ^^;(ひと安心♪)

 

とまあ爆笑の渦巻き起こる楽しい時間を共有できたわけです^^


島だからこんなにあったかいんでしょうか?

龍治さんのおっしゃっていた「家族がいるからここまで頑張って来れた。」という言葉の意味を体感した気がしました。家族というのはいいもんだと当たり前なんだけどなぜかとても新鮮な感じがしたり、子孫繁栄の喜びみたいなものも実感したりしたものです。

 

まっすぐでおおらかで愛に満ちて一致団結家族で支えあう米田家の栄龍石材がまっとうに商売繁盛して当然だと、天に訴えたい気持です。

米田家そして栄龍石材の弥栄を心よりお祈り申し上げます。

お天道様は見ていらっしゃいます^^

 

f:id:sarai-kitagiisland:20150327061526j:plain