読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北木島で米を作る!

今朝スクールバスの後金風呂港の方がにぎやかなので行ってみると、漁船が5,6隻港の中をグルグル回っている!日の丸とか掲げて勇壮に!

f:id:sarai-kitagiisland:20150515082504j:plain

その辺にいたおばちゃんに聞くと「船おろし」だと言う。

よく聞くとヒロくんという今年高校卒業した男の子が漁師になるというのでお祖父さんの漁船を受け継ぐということらしい。棟上げみたいに餅投げがあってちゃっかりいただいてまいりました^^

ヒロくんは何回かウチにも遊びに来てるのでよく知っている。ちょっとやんちゃなところもあるがとても明るくて素直でいい子だ。

ヒロくんは小学生の時からお父さんの手伝いをして漁に出たりしていたらしく根っから漁師の仕事が好きみたいだ。この時も船を操縦していたがすっかり動きが板についてどっから見ても漁師だ^^きっといい漁師になるだろう!いや、もうすでになってる!

f:id:sarai-kitagiisland:20150515084632j:plain

 

好きなことを仕事にできたらお金のこととかきついとかどうとかあまり問題じゃないよねえ。

幸せなことだ。

 

ついにお米を作ってみます!北木島で。

昨日大浦地区で借りたホンマに猫の額ほどの小さな畑を開墾して種を播きました!

ハッピーヒルという知る人ぞ知るあの自然農仙人の福岡正信さんが大元の陸稲の種です!

畑を借りた時に仲介してくれたおばちゃんに「お米を作る」と言うと、

「お米ならあそこの畑で昔作りょーたよ。」

とすぐ近くの畑を指さしておっしゃるではないか!

なんと70年位前そのおばちゃんが子供のころか、やはり陸稲を作っていた人が確かにいたんである!その後は全くお米を作る人はいなくなったらしい。

そのあたりの畑は割と水が入っていて湿地まではいかないがかなり水分の多い場所である。

みなさん里芋を植えてらっしゃってお米には興味ないんでしょう。

みなさんもの珍しそうに

「何を作るん?」

って聞かれるので

「お米です!」

って答えると

中には

「また変わったことをやるんじゃのー!」

とこういうわけで、

この「また」というのはどの「また?」なのかよくわからないんですが^^;

まあそんなこたあどうでもよくバリバリ開墾してとっとと植えました。

昨日朝2時間ほどして今日は9時ころからやって16時に終わりました。

超特急ですね^^

f:id:sarai-kitagiisland:20150514080633j:plain

ビフォー

f:id:sarai-kitagiisland:20150515155919j:plain

アフター

移住のときに廃品回収業者から¥3,000で買った草刈機が実に重宝しております!

みなさん物は大事に使いましょー!

しかし草を刈って整地してると土の下からビニールシートがやたらめったら出てくる出てくる!(ゲゲ!こんなはずじゃなかったのに~!)

雑草対策に敷いてたみたいですけど^^;

f:id:sarai-kitagiisland:20150514095552j:plain

こんなのしたって雑草思いっきり生えてるんだから、むしろしない方が僕にとってはありがたかった!と無駄な不平を唱えている間にバリバリ身体は動いて見事なお米畑になったのです。

途中親切なおばちゃんが

「おにいさんこれ飲みねえ!」

ってリポビタンD的な(なんか見たことないやつなんですね)栄養ドリンクをくださるので申し訳ないので飲むんですが、

わたくしああいうケミカル物はあまり好きではない上にモトモト元気なものだから

そんなものを飲んだ日には夜寝られなくなっちゃう始末なんですねえ^^;

昨日も「たまには早く寝てやれ!」

と寝たはいいがすぐに1時くらいに目が覚めてそれから目がさえて寝れやしないんですねえ^^;

それでいて今日は別に寝不足というほどの事もなく、これも栄養ドリンクのお蔭なんでしょうか!?もしかして!

まあとにかく栄養ドリンクよりかビールかなんか欲しいものです^^;

ということで、北木島でお米を作る!

これで出来たらとりあえずわたくしうれしい!

そして北木島でもお米が作れるんだ!ってことになって皆さん作るようになれば、

この島内での自給自足環境がかなり前向きに整ってくる!

とこういうシナリオですわ^^もっといろいろヴィジョンはありますが^^

そのうちビールも作らないかんなあ・・・

 

まあとにかく「生きる」ということは、

とどのつまり生きながらにしてこの世からあの世へ行くというようなことが諦観としてあって、つまりそれは「覚悟」というやつでしょうねえ。

まさに五感を超える、「超える」というのは執らわれないということで、

大いなる阿呆になることがとても重要なテーマとして浮かび上がって来た時に、

本当の人生が始まるのでしょう。

さすれば遊ぶときは思いっきり遊び働くときはハンパなく働く!というような気持ちいいことになるんでしょう。