読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3回島CAMP!!!リポート

5月23、24日に行われた第3回島CAMP!!!教育編は成功裏に無事終了いたしました!

今回の企画者矢吹萌(めぐみ)ちゃんの周到な準備と努力によって本当に有意義な楽しい島CAMPになりました!

第一日目は、北木小学校の前田校長のお話を聞きそれを持ち帰ってワークショップでそれぞれに感じたことなどをお互いに発表しあいそれについて今後に生かせるようみんなで掘り下げて考える。

第一日目の参加者は将来学校の先生や教育関係の仕事に携わろうと大学で勉強中のたくやくん、りなちゃん、そして大学卒業して社会人2年目のこうきくん。

スタッフ兼参加者としてワッキーと僕。

f:id:sarai-kitagiisland:20150525210657j:plain

24年前にも一度北木小学校(当時は北木西小学校)に赴任経験のある前田校長のお話は当時と現在、町の他校と島の小学校の比較や経験からのお話なので非常に興味深いお話であった。24年前当時の北木西小学校(現在の北木小学校)は全校生徒90名。そのほかに北木島島内に大浦本校と豊浦分校があり、そちらは合わせて100名以上の生徒がいたという。

現在北木島には北木小学校のみで全校生徒もわずか4名!

前田校長が北木小学校に赴任したのは2年前。昨年度は全校生徒7名。

このような背景のある前田校長のお話で印象に残ったこと。

○少人数だがデメリット以上の良さがある。

         ↓

○生徒はみんな兄弟のように勉強も遊びも仲良くできる。上級生は下級生の世話を進んでするし 下級生も上級生を見習おうとするので上級生は必然的にしっかりしてくる。

○先生と生徒のつながりも非常に密でありそれは先生にとってはモチベーションであり生きがいと もなる。

○先生としての理想的環境がここにはある。

○教師を目指す学生に向けて「教師という職業を楽しんでほしい。」

前田校長のお話を聞くだけでなく、参加者からの質問や前田校長からの学生への質問などもあり和気藹々実に有意義な交流会となりました。

f:id:sarai-kitagiisland:20150525210728j:plain

これを島のSARAIに持ち帰ってワークショップ。

帰りがけに丁場跡見学!

f:id:sarai-kitagiisland:20150525213118j:plain

萌ちゃんの進行によりみんなで前田校長との交流で感じたこと気づいたことを思い思い紙に書いて発表。それに対して他のみんなからのフィードバックでさらに気づきを深めていく。

f:id:sarai-kitagiisland:20150525210819j:plain

このワークショップでこの若く意欲ある若者達の吸収力と消化能力に改めて驚き入ったわけであります!まあとにかくみんな個性豊かでそれぞれに前田校長のお話を十分に咀嚼して自分の中に落とし込んでいる!

これは必ず将来先生になったときや社会に出たときになんらかの役に立つ経験となること間違いなしですね。

f:id:sarai-kitagiisland:20150525210932j:plain

そしてワークショップ後みんなでカレーを作り楽しい夕食タイム!!

みんなゆるーく仲良くなって参加者同士のつながりも深まり新たな人の輪が広がるのでありました!

二日目は朝、こうきくん、たくやくん、りなちゃんが仕事などのため帰らなければならず、入れ替わりに萌ちゃんの同級生なおこちゃん、後輩のことねちゃん、いくみちゃんが新たに参加!

そして北木島金風呂のおばちゃんたちのご指導によりちらし寿司、てんぷら、郷土料理のおはる、草団子を一緒に作りお食事会!

 

慣れてるか慣れてないかわからない料理をぎこちない感じでおばちゃんに教えてもらいながらやる。しかしやはり女性ですなあ、みんなちょっとやれば要領よくやりだすし何よりみんな実に楽しそうにやっている^^みんなで料理するのは楽しいことであります♪

f:id:sarai-kitagiisland:20150525211104j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20150524103526j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20150524103349j:plain

そしてボリュームたっぷりの大ごちそうをみんなで食べながら交流会!

f:id:sarai-kitagiisland:20150525211736j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20150525211021j:plain

 

島がはじめての子たちは若干緊張気味のようではありましたがみんな楽しくできたようで、

島のおばちゃんたちとの料理やお話の経験はまた後々何かの折に役立つことになるでしょう。

14:00のフェリーで二日目の参加者3名は帰り、萌ちゃん、ワッキー、僕でさらに島のおばちゃん代表Uさんとお話。

やはり教育者としての経験をお持ちで結婚して北木島に住んで何十年にもなる方の経験からくるお話も実に興味深かった!

やはりここでも出てきたのは、「自分が楽しめなきゃいけない」ってことです。

人に気を使い過ぎてもいけない。

そして前田校長と島のおばちゃんUさんのお話で共通して印象に残ったのは、やはり人生は経験しかない、ってことです。いくら方法論や人からのアドバイスや思想やら哲学やら頭に詰め込んでみたり分かった気になったりしても何事も経験して初めてわかる!

経験しなきゃ何事もわからない!

そういった意味でも今回島CAMPに参加した学生達はまさに大学生活の中だけでは飽き足らず外へ出ていろんな経験をしようとしている。それも自分が行きたいと感じるところへ行こうとして来た。

前田校長がしきりにほめていた。

「こんな大学生もいるんだ!実に頼もしいし感心である!」

 

今回の企画者矢吹萌ちゃんの強い思いによって実現した企画でした。

そして幸運にもこの島CAMPに参加できた若者たちも実に頼もしい個性豊かな行動力ある若者でした。

こういうのは必ず何か良いもの新しいものを生むに違いありません。

 

矢吹萌ちゃんご苦労様!ありがとう!北木島および島のSARAIをこういった有意義な企画の場として活用してくれたことに感謝いたします。

そしてサポーター兼参加者としていつもながら陰に陽に島CAMP成功に貢献してくれたワッキーありがとう!

そして今回参加者のみなさんホントに有望な若者!ありがとう!

そして今回参加したくてかなわなかった皆さん!次回またきっとみんなで楽しく有意義な島CAMPを創り出せるでしょう!みんなで創る島CAMP!!!

その時を楽しみにしております^^

 

f:id:sarai-kitagiisland:20150525211856j:plainf:id:sarai-kitagiisland:20150525211917j:plain

 

 

p.s. 島CAMP前夜はワッキーと2人で重要な打ち合わせということでこんな風に盛り上がっておりました^^;バカヤローです!すいません!不器用な僕を許してください!

f:id:sarai-kitagiisland:20150525213018j:plain

しかし!次の日はみなさんをもてなすために早朝このような妙技も披露しておりました!捏ね板はやはり栄龍石材の御影石捏ね板!!わーい!

f:id:sarai-kitagiisland:20150525213254j:plain