読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実を創ろう!北木島ピースフェスティバル!!

北木島ピースフェスティバルの準備も少しずつではありますが、なんとか進んでおります!

 

「なんであんなとこでするんだ?!」

ということを何人もの方から言われながら^^;

その度にぐらついては、

(もう決めたからしょうがないやん・・・)的勢いで踏ん張ってきております^^;

やってるうちになんとかなってくるもんです。

それはもういろんな方々の心優しいご協力あってのことなんであります!!

 

が、しかし!

まだまだ大きな課題がございます!!

あ~~おーMy God。

 

そんな時にひとつの朗報的なものが昨日ございました。

移住先探索中のご家族が北木島に来られたわけですが、

北木島に来たきっかけというのが、

先月でしたか出版された「せとうち暮らし」の中の僕の記事を見て、

「面白そうだ!」と閃いて

いらっしゃったということなんですね^^

しかもそのご家族、

ご主人がオーストラリアイギリス人(オーストラリア生まれ育ちイギリス在住この間までオーストラリアみたいな方)、

奥さんが日本人、だけどイギリスに留学してそのままグラフィックデザイナーになって15年住んでその後オーストラリアという、英語ベラベラですわ。

お子さんが3歳のかわいい坊や。

f:id:sarai-kitagiisland:20150902141649j:plain

これはですね、まさに僕が最初から思い描いていた次なる移住者の形なわけなんですね!

インターナショナルでアーティストな方が次々に来ることが、

この北木島の未来を明るくすると踏んでおるわけであります。まあ勝手に^^;

 

そしてまた重要なことは、

経済的疲弊によって辟易としてささくれだった僕の生活に希望の光を灯してくれることにもなるって按配にもなるわけですね。

もう首の皮一枚どころの騒ぎじゃないってえ実情の最中で

北木島ピースフェスティバル」なわけでして、

それはありがたき福武財団様の助成金のおかげであり、

心優しく寛大なる方々のご協力の賜物でもあります!!

まったくもってそういう皆さんのご協力がひとつでも欠けたらすべてガラガラと崩れ去ってしまうわけで、なんとも己の非力をつくづく感じながらも感謝に堪えません!

 

話があらぬ方向へ行きそうでした!

僕が訴えたかったのは、

ちょいといい感じじゃないの!ってことなんですね。

もちろんまだ移住されると決まったわけじゃないですが、

そういう方が来始めたということに無限の可能性を感じちゃうってことです。

今までなかったことですからね。

 

しかし実に意外にも、

経済的にはどうしようもないけれど、なんだか知らないが自分が最初に思い描いていたことが実現してきたし、しつつあるという凄いことに最近思い当たるわけであります。

北木島ピースフェスティバルもそうです!

 

そういう意味では、最初に「お金のいらないコミュニティーを作る」なんてことを思い描いていたから現状の経済的問題はこれもまた実現のひとつなのかもしれん^^;

 

あーそういえば、

昨日のそのオーストラリアイギリス人のジョーが話してたのは、

イギリスにもオーストラリアにも物々交換とか地域通貨で自給自足なコミュニティーが結構あって友達がそういう所に住んでたりするってことで、

今またこの荒んだ時期の私にこういう話を聞かせてくれる運命の女神、

その微笑みが見たいなぁ、って、そーいうことです。

僕の目指してるところは悪くないんだけど、

今のところDeepな仲間がいないから1人で悶えてるだけってなことになるわけだな。

 

まずは北木島ピースフェスティバルをよろしくです^^