読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北木島ピースフェスティバルの余波

ということでね、北木島丁場跡キャンドルナイトは無事成功裏に終わりました。

観客は米田一家と島のやさしい電器屋トンさんだけでしたが、人の多寡はまるで問題じゃなく、その場にいた人が気持ち良ければそれでいい。

 

ぬくだまさんの発案でオープニング祈りのセレモニーはぬくだまカズさん所有のいろんな民族楽器を参加者1人1人に手にしていただき満天の星空に向かって祈りの合奏をする。

「来年の北木島ピースフェスティバルがまた開催できて成功しますように」

北木島ピースフェスティバルはひとりひとりの心の平安および日常の平和、家族の平和、地域の平和、一国一国の平和につながると信じています故です。

 

そうしますと、オープニングセレモニーが終わって参加者の一人の失くしてた物が突然見つかる!という嬉しいハプニングもあったりしたようです♪祈りのエネルギー、パワーですね^^

丁場跡の自然の音響効果は演奏する場所、聞く場所によって違っていたりして、今後またライブイベントをやる際にその効果を最大限に引き出せる演出を編み出す必要ありだなということです。

 

翌土日はおきしとしんのメンバーがウチに来てレコーディングでした。

なんのレコーディングって?

わてのオリジナルCDですわ^^

全5曲入りになる予定です。

f:id:sarai-kitagiisland:20151128123539j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20151128172940j:plain

ぬくだまカズさんのレコーディング機材と技術のおかげでこうしたことが可能になったわけです!!でもって才能あるおきしとしんメンバーの協力のおかげでとてもいい作品に仕上がること間違いなしです^^

 

一段落した夜の宴は宝亀さん特製おでん(だしから手作り!ロールキャベツならぬロール白菜も全部宝亀さんの手作り!というなんとマメな!)や島の方からいただいた採れたてアワビの刺身にひじき煮!なんとも豪勢この上ない超~美味しい食事に、ビールも酒も最高にうまいですな♪

(ま、アワビに関しては、島の若くしてアワビ採り名人の知人にアワビ採りに誘われて採りに行ったが、素人の僕は小さいの2個くらいしか見つけられなかったので、お客が来るのにそれじゃあ・・・と気遣ってくれたのでしょう、大きいのを4つくらいくださった、とまあこんな美談があるのですよ!)

 

無事レコーディングも終え、昨夜はぬくだまカズさんMikiさんがウチに来られいろいろ話をしていくうちに、重大なことが決定しました。

f:id:sarai-kitagiisland:20151130220021j:plain

来年の北木島ピースフェスティバルは9月17、18日に開催いたします!

規模の大小はいっさい関係なく(なにせ今のところ予算の目途はまったく立っていないので^^;)

ただ、「北木島から世界の平和、地球の安寧を祈る、その祈り心を発信する」という北木島ピースフェスティバルの主旨に賛同してくださる方々が集まってくださればそれでいい。

以上です。

 

そういえば、今回ウチに来たおきしとしんメンバーのさとじいが話してくれたこと。

「この間の北木島ピースフェスティバルのすべての情景がいまだに鮮明に心に残っている。それは今まで見たどんな有名なミュージシャンのライブやどんな大きなイベントよりも感動的で印象的ですべてがもう素晴らしかった!」

僕はいろんな方から「よかった!感動した!」という感想はいただいたけれど、ここまでの表現で聞いたのは今回が初めてだったので、

「え?!そ、それホンマですか!?」

と驚いて聞き返したくらいです^^;

でも、お世辞抜きで本当にそう感じてくださったということで、僕の北木島ピースフェスティバルに対する見方感じ方がまた随分変わりました。

何せフェスティバルの間中忙しく駆けずり回って誰の演奏もまともに見ていないし、ワークショップも出店ブースもほとんど立ち寄れなかったり・・・

結局北木島でこういうイベントをやりたい!と思っていたのは、自分もやはりそこに参加してその場を楽しみたかったからであったはずなのに、当然といえば当然だが、主催者として裏方となればそんなことは全くできないということを体験すると、

ただ大変なだけで、正直僕の中では(次回はないな。)だったですが^^;

参加した皆さんから「素晴らしかった!来年もぜひやってくれ!」というお言葉を賜りますと、

(ん~~、そう?なら来年もやったほうがいいよねえ。)

ということなわけで、

しかし、その北木島ピースフェスティバルをきっかけに北木島に移住までされたぬくだまさんのお二人のように、「ぜひとも来年の北木島ピースフェスティバルに全面的に協力して成功させたい!」

とおっしゃってくださる方ができますと、僕も心強く、やはり他にも応援してくださるありがたいやさしい寛容な方々がいらっしゃることを思いますと、それこそがお金以上の強力なるバックアップでありますから、感謝して僕のできる範囲のことをやらせていただきたいと思っているわけです。

 

ということで、来年も北木島ピースフェスティバルが素晴らしい感動的な行事になりますよう今から天にお祈り宣言いたしまして、すべて大成就。

 

あとそーいえば、昨日はおきしとしんが帰った後、午後に2人の知り合いのご婦人がウチに突然やってきて、

「ここをきれいに片づけてちゃんとしたカフェにしたい!手伝うよ!」

と、あわわわってなりながら、

「いやあ、ありがたいです!僕もがんばりまっす・・・!」

 

今日は今日でぬくだまカズさんがウチに来て、しみじみ

「いやあここ面白いなあ、ここにボーカル録音ブース作って・・・と?!この屋根裏なんか超~面白いじゃないっすか!!ここきれいに片づけて基地カフェにしましょ!」

なんてことで、島のSARAIおよび僕の潜在能力的引き出しをどんどん引っ張り出そうという自然界の動きを感じる昨今です^^

 

私は人に環境に恵まれて幸せな人生だと心より満足しております^^