読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第2回北木島ピースフェスティバルを終えて(裏)

1か月ぶりくらいに畑に行きました。

なにせ9月に入ってからはピースフェスティバルの準備が佳境に入りそちらに全勢力をつぎ込んだため、畑はほったらかし・・・

しかし、ある程度まで育った植物はほったらかしでも実に元気よく繁茂してたりして、むしろある程度まで育ったらほったらかしで雑草と共存共栄させた方がよく育つんではないか!?と感じるほどで^^;

ま、それがいわゆる自然栽培というやつなんでしょう。

f:id:sarai-kitagiisland:20160928114309j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160928114120j:plain


ただ、収穫したササゲやらゴマの一部が忙しすぎてちゃんと天日干しできずダメにしてしまったものがいくらかあるので、それは非常に残念なことであります。

あと残念なのが、裏の畑のサツマイモがイノシシに全部喰われてしまったことです。

f:id:sarai-kitagiisland:20160928111543j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160928111534j:plain

北木島のイノシシは確実に増えています。早急に駆除しないとエライことになってしまいます。

行政の方でワナを仕掛けているらしいですが全然効果なしのようです。

海を渡って命がけで繁殖するような根性の座ったイノシシなら少々のワナくらいじゃ引っかからないのもうなづけます。

民家周辺に借りた畑のサツマイモはかろうじて今のところセーフなので、まだ救われています。

f:id:sarai-kitagiisland:20160928113151j:plain


今年の春ころからピースフェスティバルの準備を本格的に始めてそちらに注力する配分が、2割、3割・・・と増えていくに従い、思うように畑仕事もできなかったり準備の方も大変だしで、かなりフラストレーション感じていました。(もっと畑を開墾していろんなものを植えることができるのに・・・)と何度思ったことか^^;


実際第1回ピースフェスを終えて・・・じゃなくフェスの最中に「もう第2回はやりません!」と公衆の面前で宣言したほどだったにもかかわらず、自然の流れで第2回もやることになり、乗りかかった船は嫌でも意地でも漕がねばならぬ、という、それは僕にとっては非常に苦渋の選択であり、申し訳ないですが、

(やっぱりやめときゃよかった!)と何度思ったことか!


こういうことは、ピースフェスティバルが終わってから書く気になったら書こうと思ってましたので、

今更書くことでもないかもしれませんが、やはりこのずっとずーっとやり場のなかったダメージは何らかの形で消化しないことにはどうにもおさまりがつかないのでちょっと書かせていただきます。


そんなわけで、9月に入ってかその前くらいから私個人の生産活動というのはほぼ全くできてない。私生活というのもないようなもの・・・

そのため、いつものわずかながらの現金収入さえ得られていない。

ピースフェスティバルの収支は現段階で基本的にはほんの少しの赤字で済んでいますが、それもいろんな方々のご協力あってのことです。お金のためにやったことではありませんし、ピースフェスティバルのおかげでまたいろんな方々と交流できつながれたというのは素晴らしい財産だと思います!それはきっと誰よりも何よりも幸せなことかもしれません!


しかし、やはり準備期間中から終了後の清算片づけまで一環して振り返るなら、やはり釈然としないものがあります。


ピースというのは、やはり自分の日常生活が基本じゃないのか?経済面では思うように行かないこともありますが、それでも何かしら模索しながらその人なりに一生懸命やっていれば自分も納得するし、他人もある程度認めてくれるでしょう。そういった基盤があやふやな状態で、ピースフェスティバルもなにもあったもんじゃない、という気がずっとしていて、それが精神面でも得体のしれないモヤモヤ感になったりで・・・それはもうすでにピースじゃないよね?って感じです^^;

あるいはまた、いろんな方々ご負担やご迷惑をおかけしたことも事実です。

そんな状態でピースフェスティバルとか言ってる場合じゃないです^^;


ということで、私の今の心境は、今回第2回北木島ピースフェスティバルはそれなりに良い結果も出せたと思います。(そりゃあ、あれだけ労力をつぎ込んで何もなかったらホンマにどうしようもないですわね^^;)

しかし、第3回はもうああいった大きなイベントとしての形ではやりません。

第3回北木島ピースフェスティバルは言うならば、私個人的にいろんなことを試行錯誤して公私にわたる生活基盤を創るという活動をもってピースフェスティバルにしたいな、と思っています。

やはり「愛と平和の北木島」に本当にしたいなら1個人個人の生活を愛と平和にしなきゃ、それは

嘘です。

一から出直しな感じでありますが、多彩な経験をさせていただいた3年半経っての「一から」なので新たなステージということにもなるかもしれないですね。

実際は(何もしたくない)という自暴自棄的気持ちが心をよぎったりもしますが、それでは生きていけないので、前を向いて小さな一歩でもよちよち歩きでも進むより他ないじゃないですか!っていう感じです^^;

格好ええこと言うてもそれが本心かな。

ちゃんと生きていけるかなあ、くらいの勢いですな^^;


とにかく!ピースフェスティバルに関わってくださった方々には感謝しかありません!こんな拙いもののためにいろいろとご協力してくださったというのは、本当にかたじけなく恐縮して感謝のみです。


素朴につつましくひっそりと雑草のようにあるいはイノシシのようにたくましく生きてまいりたいと思っております


そしてまたいつか皆さんとお互い素朴で純真な笑顔でお会いしたいなと思います。

 

地球が真に平和であれ。

f:id:sarai-kitagiisland:20160110082600j:plain