妙趣に富む日々

今年も北木島大浦の諏訪神社大祭が行われます。

15日宵祭19:00~は諏訪神社境内にて島民演芸大会。

私は自作自演の「北木島慕情」という演歌を披露するつもりだす!本邦初公開!

16日は13:00~神輿巡行。

私は光栄なことに神輿巡行の音頭取りの大役を与えられました!

毎夜音頭練習に励んでおりやす(^^♪

音頭取りは6名で皆さんベテラン60代70代の方々。

祭りを受け継ぐ若い世代がいないことに寂しさと危機感を抱いている方もいて、そんな中で移住5年目の私に白羽の矢が立ったというのは、なんともありがたく感謝感激なんでありまして、精魂込めてやらせていただきます。

この音頭がまたいつの時代からのものかは分かりませんが、実に味のある節回しでなんとも日本らしい懐かしい感じのする興味深いものであります。

 

島の多数の方がこの祭に島外から参加者見学者が増えることを望んでいたりするようです。

 

f:id:sarai-kitagiisland:20170709075648j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20170709083907j:plain

 

そんな中で、イノシシの土座衛門を検死処理したりもしながら、

虹が似合うこの島を愛おしく感じたり、

f:id:sarai-kitagiisland:20170709151732j:plain

至近距離からの写真はグロいので割愛します。

f:id:sarai-kitagiisland:20170709152358j:plain

 

f:id:sarai-kitagiisland:20170709170255j:plain

そしてまたしてもスーパーカブの旅人が!

つい1週間ほど前に別のスーパーカブの旅人が来たばかりで、早くも二人目!

今度は大学生の男子。

大学を1年休学していろんなことにチャレンジしてみたいらしい。

スーパーカブの旅は1か月弱ほどで終えて、次はインドネシアに教師のボランティアに行くらしい。

そんな時期にDeep underground paradiseに触れたことは幸せでエキサイティングなことだったと思う。

類は友を呼ぶといいますが、私も島暮らしは日々の生活が旅そのものと感じて満悦しておりますよってに、この旅人同士の交流による相互作用というものがとてもクリエイティブでロマンティックなエネルギーを生み出すということを微妙に感じ取って悦に入っているというわけであります。

この微妙な感性とか情操を磨くということが人生最大の魅力であり仕事のひとつであると感じます。

f:id:sarai-kitagiisland:20170711084213j:plain

 

島墾隊開墾リポート

昨日島墾隊出動。

 

草木の繁茂するこの時期に追い打ちをかけるように開墾することが効果的であります。

 

ということで、今回はヨッシー吉川くんと元気壮健77歳島のNさん、そして、昼からの途中参加で初参加のJさん。Jさんは昨年から北木島西公民館館長をやられている方で、心強い味方です。

 

今回も充実の成果を収めました。

頂上からの景色はさらに開け、展望台の景色もさらに開け、次なるヴィジョンが強烈に明るく鮮明に見えて来て、ワクワクのワークワークです。これがホントのライフワークだな、と。

 

f:id:sarai-kitagiisland:20170617145503j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20170617145229j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20170617145243j:plain

一望する瀬戸の島風景はジオラマのようであり、日本庭園のようでもある。

ただ、どんなジオラマや有名な庭園よりも美しくダイナミックで独創的である。

 

バックリ山は確実に面白くなります。

しかし、容易には来られないので単なる観光名所には成り得ない。そこがまさに

Deep underground paradise的魅力であり、本当の意味で環境保全、文化継承になり得るのでしょう。

 

I love 北木島

f:id:sarai-kitagiisland:20170617150625j:plain

島墾隊特別編成隊&島暮らし体験プログラム

昨日、島墾隊特別編成隊にて出動。

 

島の77歳Nさんと新入隊員TMくん、そして私3名にてバックリ山開墾実施。

 

今回は文句なしの成果です。とうとう頂上から少しですが景色が見えるようになりました。

白石島、高島、神島、本土と。

 
Before

f:id:sarai-kitagiisland:20160612102755j:plain

After

f:id:sarai-kitagiisland:20160612141616j:plain

 

そしてまた 頂上から下に少し降りたところにはすでにこれまでの開墾で少し開けた展望台的場所があったのですが、そこもさらに視野角が広がったのです。10度から45度くらいに広がったかな。笠岡本土から水島コンビナート、瀬戸大橋まで。絶景でございます。最高です。夜に来てみたいです。

Before

f:id:sarai-kitagiisland:20160612102143j:plain

After

f:id:sarai-kitagiisland:20160612141128j:plain

 

これも3月から始めた活動の積み重ねの賜物です。

 

しかし、これはまだまだ序章の序章に過ぎませんものですから、ここで安堵しておるわけにはいかないのです。

 

来年4月のバックリ山頂山桜大花見大会のための準備はまだまだこれから。

 

少しづつ少しづつ達成感を楽しみながら目標実現していきましょう。

  

昨日島墾隊初参加の新入隊員TMくんについては、北木島に移住希望ということで現在ウチで「島のSARAI島暮らし体験プログラム」実施中で、今回は約1週間。

次は今月末から約2か月実施の予定。

 

今朝は早朝から家の前のビーチ清掃。

ビーチに流れ着いたゴミはペットボトル、お菓子やパンの袋、レジ袋、が非常に多い。

便利の副産物は海岸に集中する。

現代の便利は横着を生み漂着ゴミとなる。

本来の便利は自己統制能力により調和を生みクリエイティブの連鎖を生むものだと思う。

開墾や海岸清掃などやっているといろんなことを考えさせられる。

TMくんもいろんなことを考えさせられ感じたようだ。

f:id:sarai-kitagiisland:20160613055841j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160613061507j:plain

 

海岸清掃をやっていると、島のあるおじさんがわざわざバイクを停めてこちらに向かって歩きながら、

「おー、山から海からご苦労さんじゃの~!」

と声をかけてきた。いつもは不愛想な感じで反応の薄い人だが・・・笑顔で!実にフランクに!

「チヌの大けえのがあがったけえ、やろか?・・・あんまうもーねえど。」

「はい、いただけるものはありがたく頂戴します!」

 

f:id:sarai-kitagiisland:20160613061847j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160613064916j:plain

愛用のナタとサバイバルナイフでさばく。調理はTMくん担当!

ということで、でかいチヌをばいただきまして、

これまたTMくんの料理好き能力を生かして、旬ではないうまくないと言われるチヌを

なんとかおいしくいただこうと、カルパッチョとかに姿を変えて、

これが結構イケてる!ので、またまたTMくんは自信を持つ。

あとはソテーにし、アラは潮汁に。これがまた美味い!うまくないとかウソでしょ!って感じでした^^

こういうことの積み重ねが今後実際に島に移住した時に役立つことでしょう。

f:id:sarai-kitagiisland:20160613080344j:plain

 

 

自分を生かせる場所がなく悶々と人生に迷い悩んでいた彼がほんの短期間ですでに

「毎日が充実して楽しくてしょうがない。」

ということで、甘くはないこの体験プログラムになんとかついてきて目から鱗の自己革新に入り込んでいる模様です。

私の見る所、根っからピュアでバイタリティとハッピーピープルさを持ち合わせているのでかなり島の生活に合っているようです。それどころかいい感じのニュージェネレーションヒッピーの素養を持っているように思えます。

ただ、自分で自分の事がわからなかった、気づかなかっただけです。

桎梏から自分を解放すれば済むことです。

 

自分を取り戻せる島、ピースアイランド北木島。Deep underground paradice♪

 

 

f:id:sarai-kitagiisland:20160612142315j:plain

島源郷の足音

明日は島の大運動会ですね。今年は北木島であるんですよ。

笠岡諸島の各島が盛大に競技に参加して酒池肉林の大盛り上がりということになる、

のかな?

 

ということで、私は島マルシェにたこ焼きを出店いたします。

先着20パックは、北木島地物真タコ使用です。

その後は普通の冷凍タコですが、おいしいです。

100パック以上売って大儲けしますよ。

100パックくらい焼くのが精いっぱいというのが悔しいとこですな。

300くらいやってたこ焼き御殿に住みたいくらいなんですが・・・そうもいかないんですね。

f:id:sarai-kitagiisland:20160520135957j:plain

 

 

最近おもろい男ある種の変わり者が来てまして(T君)、

言わば、突如としてパイプをくゆらせるみたいな青年ですが、

笠岡諸島のどこかに移住したいということで調査に来たりして、

その流れでウチに来たり、たまたまその時に島源郷祭があったりして、

かなりディープなDeep underground paradiceな風に当たってしまって、

脳震とう起こしたようになって、前後不覚になったのか、

島のSARAIで海の家を手伝いたい!ってなことを言うようになったりして、

 

「ではまず島の大運動会で僕のたこ焼き店を手伝ってみて審査するよ。いわゆるオーディションだね。」

 

なんて高飛車に出たりして、

昨日から2泊の予定でウチに来てますが、

もちろん食事は食材持参で自炊だし、ついでに僕の分も作る。

それが島のSARAIの掟だよ。

なんつって、まあ好き放題なことを言って、

それでも喜んで来てくれて、

さらに美味しいご馳走を作ってくれて、

f:id:sarai-kitagiisland:20160525183717j:plain

T君の実家でできたいろんなミントで作ったミントシロップとウチの自生レモンバームによるモヒート。

めっちゃうま~~!ミントシロップがまた美味い!

f:id:sarai-kitagiisland:20160525184548j:plain

全部うまい!し、しかも栄養バランス考えちゃてくれてんの?!

f:id:sarai-kitagiisland:20160525195719j:plain

T君作アップルゼリー。う、うめ~~

f:id:sarai-kitagiisland:20160525201915j:plain

酒がいい感じに入ったころ、何気にタイムリーに出てくるおにぎり。う、うますぎる!っつか、気が利くね~!感動🎶

 

T君はなんだか料理も好きで、あらゆる料理に精通、というか広く浅く知っててできるようで、

 

(むむ、こいつはやるな。夏の海の家で重宝するぞ!)

 

ってなもんで、すでに審査OK!パスです!みたいな感じの、

 

島に移住する前段階として、ウチで修行?しながら島の方々に顔を覚えてもらい、

人となりを受け入れていただく、という立派な考えがあるようなので、

あとは自分次第ですよ、ってことで、

そうだ、何事も自分次第だ、って改めて初心に帰る己がいたりします。

 

 

ここ最近、っていうか島に来て4年間ずっと何もないとこから少しづつ少しづつ形ができてきて、今また進化しつつある、島のSARAI。

最近あんまり島のSARAIって名前を表に掲げてませんが^^;

一応まだ島のSARAIですねん。

島のSARAIの新たな進化形が見えつつある昨今、

全貌がそのうち明らかになることでしょう。

まあ島源郷だから小出しに情報漏えい的に明らかになるでしょう。

 

楽しみですね(^^♪感謝です。心底感謝でいっぱいです。

 

新緑の島墾隊

5月23日島墾隊出動記録。

 

ヨッシー吉川くんとバックリ山頂開墾に向かう途中話をしながら歩いていると、

道沿いのとある家の2階の窓が突然開いて、

「バックリ開墾に行きょーるん?」

とおばさまが声をかけてきた。

そして、

「ああ、バックリの上まで行けるんならすぐにでも行きたいくらいじゃわぁ。」

と、遠い目。

 

なんでも子供の頃におばあさんに連れられてバックリ山頂近くの畑によく行っていたらしい。

その頃を懐かしんでもう一度登ってみたいのだと。

 

「来年の春にはバックリ山頂でお花見ができるようにしようと思ってるので、ぜひ一緒に行きましょう!」

と言うと、嬉しそうに、

「ほんまー、そりゃええなあ!友達みんなにも言うとくけえ!」

と無邪気に笑っていた。

 

まるでバックリ山に恋い焦がれるかのように2階の窓越しから語りかける姿にロミオとジュリエットを見た吉川くんによって、その家は「ジュリエットの家」と名付けられた。

 

そんな約束をしては意気も軒昂開墾魂うづきまくる。

 

登山道はわずかの期間で結構鬱蒼としており改めて草木を伐りながら登ってゆく。

3月初めに我々が改めて山頂までのルートに目印をつけておいたが、その後、3月30日~4月19日の間に我々の知らない誰かが別につけた目印赤いビニールテープが4~5m間隔で木に結び付けてあり、鬱蒼と茂った山道ではルート確認に非常に助けられた。

これはかなり山登り経験のある人の仕業に違いないと感じさせるもので、

できればこれをやってくれた方にお会いして仲間に加わってもらえたらと思った。

これを読まれたらぜひコンタクト取っていただきたい。

 

途中で道脇に野イチゴがなっていた。ひとつ口に放り込むと、ぷにゅっと心地よい食感とほんのりした野性味のある甘み。実にうま~~い!!何個も食べてしまう!

 

バックリ山のご褒美をいただきつつ、山頂にて開墾作業。

「これも未来の島源郷のため♡」と、2台のチェーンソーで木を伐らせていただきまして、結構はかどり、

 

f:id:sarai-kitagiisland:20160522102019j:plain

Before

 

f:id:sarai-kitagiisland:20160522134115j:plain

After 【手前のジャングルがなくなってもうひとつ向こうのジャングルが現れた。そんな感じ。しかし、このジャングルがなくなると・・・向こうには瀬戸の島風景が!?】

 

まだまだ先は長いけれど、確実に目標に向かっているし、応援者も少しづつ増えている感じで、心強い。

 

この日も味わえた自然の豊かさ、心休まる静けさ、涼しい木陰、降り注ぐ新緑のマイナスイオン、作業の合間の弁当、下山してからの甘夏チェッロ!格別~~!!空腹は最高のグルメ、労働は最高のスパイス!

汗をかいた後に山頂で飲むペットボトルに入れた水道水。水道水がこんなにうまく感じるとは!

開墾は快感である!

こんな素朴で超贅沢な幸せを多くの人に味わってもらいたいなあと思う。

そしてさらに自然を愛する人が増えたらいいなあ。

人間も自然の一部ゆえ自然を愛することは自らを愛することであり、自分を愛することは自然を愛することでもある。

 

愛してるよ~!

 

 

ピースアイランド北木島

 

島源郷祭論

とても重要なことをすっかりうっかり忘れていた。

 

そーいえば、4月15日は島暮らしスタートの日であり、一応「島のSARAI」の誕生日でもあったんであーる!

満4年になるんですねえ・・・な、なんと5年目に突入という。

 

こんな大事なことを今まではこの日が来るのを待ちに待っていたかの如く意識していたのが、

今年は忘れてしまっていたというのは、

きっともう島に住むこと生きることが前提になって日々の生活がある、という感覚になっている気がする。

 

そういえば、この記念すべき日に全国放送に露出してしまった、というのは何か暗示めいたものを感じさせるじゃありませんか。

あれは、たまたま偶然通りがかりに撮られて、観光客だろうと思ってたらテレビジョンの何とかだと言われて、そんなことなら興味ないしだいたいウチにはテレビジョンはあっても受信できないんだからキットカットしてくれ、万が一出すならモザイクかけて音声も宇宙人みたいな声にしといてくれ、でもって、「桃源郷」「Deep underground paradice」「何もない島」ということをしゃぺったのを意味不明につなげ合わせといてくれ、ついでに僕のオリジナルCDの映像は出しといて、と訴えておいたものなんだけど、やっぱ中途半端に編集されて露出してましたね。

まあそんな一庶民のマニアックな希望なんぞマスメディアにとってはゴジラが犬小屋を踏み潰したって気にも留めない、ってそんな感じでしょう。

 

それにしても、テレビ放送を見れない環境にある僕がたまたまその放送を見ることができた、というのも偶然を装った粋な演出じゃあないですか。

 

それはさておき、そんなこんなで今年になって(今までもあるにはあったが)先の先を見ていろんなことをするようになっている。先というのは半年後1年後はもちろん、それ以上に10年20年後のこともイメージするようになっている昨今である。(今までは1年暮らせるか、もう1年居れるか?!そんな感じで精いっぱいだったなあ・・・たしか)

 

ということで、島墾隊、島源郷祭などもそのヴィジョンの一環ですよ。

 

そういえば、今週日曜日は島源郷祭ですね。

f:id:sarai-kitagiisland:20170429073234j:plain

 

島源郷祭なんかもすぐに人が来てにぎわうようなことはそれほど希望してなくて、

重要なのは、ディープな人が徐々に集まって熱くて面白い形が形成されていくことです。それはもう天の沼鉾で塩こおろこおろにかき成すようなもんである。

 

結果的に島源郷祭が他のものに変わったっていっこうに構やしないんです。

 

地道に続いて何年か先にえらく面白いことに成っていたら、こんな楽しいことはありません^^

 

だから地道に続けれるようなことを地道に続けてみたいな、と思っているわけです。

 

僥倖を頼むというようなことではなく本当の意味の創造を体感したいわけです。

 

それはやはり、まさか4年も北木島で生活できるとは思ってなかった(思ってなかったというか想像もつかなかったと言った方が当たってるかな)そんな僕が来し方を振り返ってみると、「えらいこっちゃ!」という「思えば遠くへ来たもんだ」的感慨一入から来る湧き出しみなぎる充実感自己満足感がそのような考えや行動を起こす起動力になっていると思われる。

 

そして、これよりまた5年、10年後に見えるものがより一層クレイジーにキラキラハッピーなものだったら男ど阿保冥利に尽きるというもので、そこまで行くと自己満足に留まらずみんなで肩組んで「ハッピーだね!ルンルン♪」っていう風に波及効果があることが望ましい。

 

ところで、ダルカレーを作ってみました。僕の大好きなダルカレー!初めて作った割にはOKです!充分インドしてます!

f:id:sarai-kitagiisland:20160425184927j:plain

また、BACARDIを財布とにらめっこしながら買って(今さらお金の心配するようなそんなタマじゃねえだろ、やけくそが板についてんだ、とレジでひとり半笑いになりながら)、「甘夏ダイキリ」と「夏みかんレモンバーム編モヒート」なども作ってみた。

f:id:sarai-kitagiisland:20160425192552j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160425200328j:plain

これがまたう、うめえ~!キューバだ!行ったこたねえけど行ってみたいキューバだ!

 

しかし、こんなものがネットサーフィンしてみると都会じゃ一杯¥1,000以上もするみたいじゃないか!?

こんなクレイジーな社会ですよ。

我がモヒートなんぞ素材はその辺にあるものです。

こっちのが新鮮だし安いよ。

それにこの環境の中で飲んだら・・・「チョーうめえ~!幸せ!」って間違いないでしょう。島源郷祭(バナー広告)

f:id:sarai-kitagiisland:20160426220619j:plain

これは前回島源郷祭で好評の「甘夏チェッロ」

 

しかし、経済社会に組み込まれた大方の人はおしゃれな場所でおしゃれをして高いお金をわざわざ払って、「おいしい~!」気分になりたがる。

奇妙奇天烈で実に面白い!どんなTV番組や映画や小説よりも面白い!

Deep underground paradice

 

 

そんなこんなで季節的にフキだね、ってことでフキもやってやります。

f:id:sarai-kitagiisland:20160426211834j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160427120643j:plain

ふきの葉味噌なんか材料の、ふき、味噌、金ゴマ、エゴマ全部北木島産島のSARAI産ですぜ。美味、これぞグルメ。

 

ところでフキにしてもこの間やったツクシにしても下処理時に一般的には指先が黒くなるものらしいですが、私が処理した北木島のものは、全然まったく指先は黒くならないぴかぴかですよ。これは自論ですが、きっと排ガスとか空気汚染がないからじゃないかなあ。昔ながらの古来日本の山菜に近いってことになるんじゃないでしょうか。

 

これは最初から思ってたことだけど、「北木島はインターナショナルな島になる!」という僕の希望的観測が多分に入っているかもしれない啓示を元にこういった無国籍系なエキゾチックな雰囲気を醸し出していかないと!なんていう使命感みたいなもので、のらりくらりと前進していく感じですね。

 

こういった感じで、島源郷祭は催されていくのです。街を捨てよ、島へ出よう。

 

 

f:id:sarai-kitagiisland:20160427073049j:plain

※島源郷祭って何やねん?って質問がよくあり、「桃源郷」を文字って「島源郷」って説明しても「桃源郷」自体を知らない人がこれまた意外に多く(時代を物語ってますなあ)、「桃源郷」とは、陶淵明の「桃花源記」を読んでいただくのが一番です。

島墾隊開墾日誌

昨日の島墾隊活動日誌

ヨッシー吉川くんと私2人でバックリ山登頂新ルート(「新」ではなく「旧」の再発掘、蘇生です)開墾。

金風呂方面(大浦とは反対側)からの登山道。

 

道はあるようでないような、おそらく昔の道の名残を今やイノシシが獣道として使っているらしい痕跡を頼りにほぼ道を作りながら登るという感じです。

しかし、このコースは実にジツ~に!絶景ポイントだらけ!瀬戸の多島美を楽しむには絶好です!

f:id:sarai-kitagiisland:20160418132642j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160418132650j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160418150204j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160418142331j:plain

そしてまた、だいぶ奥深く入った山の中では山桜の巨木に出会ったりもしました!

幹回り1m以上はあるかな(今度測ってみます)、樹高、枝の広がりといい、50年以上100年近くの樹齢ではないか、と素人推測されます。

f:id:sarai-kitagiisland:20160418162411j:plain

そして、道中の林の間から向こうの方に見えた奇岩。我々は「仙人岩」と名付けましたが、これは下の方からではどこからも見えない、山に登ってしかもあるポイントからでないと見えない神秘のベールに包まれた感出まくりです!ここもまたいつか発掘調査に行かねばなりません!

f:id:sarai-kitagiisland:20160418151432j:plain

そしてまた道中には巨石がいくつも鎮座するのですが、中には人為的に細工加工されたようなこれまた神秘のベールに包まれたようなものが静かに横たわっておるわけであります。

f:id:sarai-kitagiisland:20160418154041j:plain

そしてようやくたどり着いた懐かしの?頂上。

ふと見ると、この間から何度も開墾しながら登った大浦側からの道に我々が付けたものではない赤いビニールひもの目印があちこちの木にくくりつけられてある!

明らかに先日の島墾隊登山道整備&お花見トレッキング以降に付けられたもので、誰かが登って来たようだ。

島の人だろうか・・・?

とにかく、これは喜ばしいことである!こうやってまた興味を持って山に入る人が増えれば自ずと道もでき山もきれいになってゆく!

あまりそれが過ぎて環境破壊にまで至っては問題であるが。まあ北木島だしここまで来てみたいという人は少ないと思うので、ちょうどいい感じで人が入って来ると期待したい。

こんな具合に実に興味津々ワクワク登山道整備であり、

さらにまた北木島の魅力を発見した喜びいっぱいで!

これだから北木島、好っきやな~~♡

なんか期せずしてへそくり1,000万円見つけたような、家康の埋蔵金でも発見したような、

そんな気分ですな!(そんな経験ねえけど!)

下世話な例えでしょうか?

世の中にはお金に換算できない楽しみや喜びがいくらでもあるということを付け加えたかったまでです。

f:id:sarai-kitagiisland:20160418145912j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20160418150108j:plain