読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同じ空の下で

今晩もとても夜空がきれいです。

 

天の川もくっきりと見えています。

 

島は本当に星空が美しいです。

 

あんまり美しいので星空に向かって歌いたくなりました。

 

野良仕事の間なんだか口ずさんでいた「歌うたいのバラッド」です。

 

歌うたいのバラッド」を歌いながら野良仕事をする時代になったんですねえ。

 

隔世の感であります。

 

ギターを持って砂浜へ行きました。

 

誰もいない夜の浜辺。

 

静かな潮騒。

 

満天の星はクリスマスツリーのようにも見えます。

 

こんな時の「歌うたいのバラッド」はあまりにもハマり過ぎです。

 

ただ手がかじかんで最後まで歌うのがやっとでした。

 

身体と心だけはポカポカしてました。

 

他にも歌いたかったけどあとは心のなかで歌いました。


誰が聴くわけでもないこの歌は星空の向こうへ消えていきました。

 

どこかへ・・・

f:id:sarai-kitagiisland:20141217081731j:plain