読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝!3年目に突入!

4月15日は島のSARAIの誕生日でした。

2年です。たかが2年されど2年。

誰に告知するでもなくする必要もなく自分の中でだけ祝えればいいと思っておりました。たかが2年ですからね。

ところが、されど2年なんですね!実に奇遇にもこの記念すべき日に謎の料理研究家、ワッキーこと山脇氏が遊びに来ました。

正確にはただ「遊びに来た」ではなく、甘夏マーマレードを大量に作るという事業のためにやってきたわけであります。

f:id:sarai-kitagiisland:20150415100309j:plain

1日目は翌朝4時頃まで(到着早々息抜き?に釣りをしちまったがために!)、2日目は2時頃までと2人でせっせせっせとマーマレード作りに励む。

f:id:sarai-kitagiisland:20150416181007j:plain

(これは男の仕事ではないな!)

と思わずジェンダーフリーに反する想いが込み上げたり、

(2人だからまだ気も紛れてできるけど1人でやったら幽体離脱ものだな。)

なんてことで、

しかしなんとか完成した時点では、島のSARAIジャム工場のジャムおじさんにでもなった気分でご機嫌になるのでありました!

f:id:sarai-kitagiisland:20150417110959j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20150417110827j:plain

そして本日北木島大浦で行われた流し雛の朝市で販売しまして14個売れました^^

作ったのは55個でしたけどね!

14個売れたのはすばらしいことですよ^^

 

思えば遠くへ来たもんだ、たかだか2年だけどそう感じます。

それもこれも 山脇氏のように遊びに来てくれたり一緒に何か創り出したりしてくれる人たちがいるからであります!そういう人たちがいなければここに僕はいなかった。

けど、山脇氏曰く「KUNIさんがここにいなければ僕も誰も来れなかった。」

こういうのを相乗効果と呼ぶのでしょう。

そして僕は思った。

(僕自身はたいしたことはしていない。したことといえばここになんとか踏ん張って居つづけたこと。これからも僕はきっとここに居ればいいんだ。居れる限りはここに居て自分を貫いていれば楽しい仲間がその日常生活ではできないこと現せない能力をこの非日常的場で発揮して新しく面白いことが創造される!用なしになれば僕はどこへでもハッピーを開拓しに行くさ!)

 

そう思っては、僕自身もこの場で成長させていただいていることに改めて気づく。

 

自問自答の中で(よし!もうケツまくったる!引き上げや!)と本気で考え始める度にまさにその度に!不可思議にも誰か遊びに来るとか何かいい話が来る・・・とかあって致し方なくまた引き続き頑張ろう!ということになる、という体験を何度も何度もここでさせていただきました!

もうそういうことがあれば(何かがここに僕を引き止めている!)としか考えられなくなって来るもんです!

おかげで僕はまともな男として人間として社会人として一般的には扱われないし振舞えもしない感じだから結婚とか自ずと非現実的な話になるよな!というような余計な考えも出てこないでもないです!最近やたらと「結婚」について聞かれたりするもんだから^^;

自分をつらぬくとはなかなか寂しいこともあるもんです。

 

何の話やねん!

 

僕はしかしそんなことよりも本当に春の海のように秋の澄んだ空のようにただ悠々と自由な僕でいたい。

 

そこに人が集まる、けれど孤独も感じる、というパラドックスの中に生きているわけですけども。

これは実に面白くも楽しいことでもあります。人によっては死よりも耐え難いことかもしれませんね。

ああ、たぶん現代人の大半はそうかもしれないでしょうね。

 

有名な日本の偉人である時宗の宗祖一遍上人の言葉にこういうのがあるそうです。

「おのづから相あふ時もわかれてもひとりはいつもひとりなりけり」

「生ぜしもひとりなり、死するも独りなり。されば人と共に住するも独りなり。」

 

まったくその通りであるとつくづく思うこの島暮らし2年間でありました。

これは人生の鍵ではないでしょうか?

 

それでいて、自分だけの人生であり多くの人と共有できる人生でもあったりします。

 

僕に縁のある皆様に心より愛と感謝をお送りいたします。

 

ありがとうございます。

 

島暮らし3年目は人のつながりがもっと濃く深く広くなってユートピアは夢じゃない!ってことになるでしょう^^

ああ楽し♪

 

f:id:sarai-kitagiisland:20150416170900j:plain