読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楠海水浴場クリーン作戦VOL.2

本日は楠海水浴場クリーン作戦VOL.2!でした。

昨日は笠岡花火大会に合わせて開かれた商店街まつりでのライブやらこのみ教という神社があるが(笠岡生まれ笠岡育ちながら今回初めて行った^^;)そこの夏祭りのキャンドルライトを依頼された美人キャンドルアーティストが私に竹灯籠の製作を依頼してくださっていたのでそのセッティングやら片づけやらで忙しく、結局今朝朝一のフェリーで北木島に帰った。

 

f:id:sarai-kitagiisland:20150725220209j:plain

f:id:sarai-kitagiisland:20150725220308j:plain

 
こちらは美人キャンドルアーティストの作品群!

f:id:sarai-kitagiisland:20150725221056j:plain

 

しかし、これで吾輩も竹灯籠アーティストとして世に知られることとなるのか?!

(なんつってね、こんなのは誰でもできるものです^^;)

 

朝一から嬉しいメッセージが入った。

昨日から北木島に研修で来ている大学生達有志が矢吹萌ちゃんの呼びかけに応じ早朝楠海水浴場の清掃をしてくださったのである!

朝一の船で帰るまでの時間であったようだが、忙しい合間を縫ってわざわざやってくれたその気持ちだけでも喜ばしいことである!

 

さて、その後朝一のフェリーで北木島に帰った私は準備をして予定通り9:00からの楠海水浴場クリーン作戦に向かった。

ビーチにたどり着いて愕然とした!

前回(台風前)に来たときはきれいでゴミがなかった一方のビーチが台風で流れ着いた藻とゴミでいっぱいになっているではないか!!

 前回(台風前)

f:id:sarai-kitagiisland:20150713160442j:plain

 

今朝(清掃前)

f:id:sarai-kitagiisland:20150726090057j:plain

一見したところでは前回までにゴミを集めた反対側のビーチと同じくらいかそれ以上あるのではないか?!と思われるほどのゴミである!中身はほぼペットボトル!

かなりショッキングな現実に途方に暮れそうになったが、何だかわからないが、

(むしろやりがいがあるやん。)

みたいなわけのわからない勇猛心が湧き出てくるもので、

(まあイカレぽんちだからしょうがねえな^^;)

と一人ほくそ笑む。

端っこからエンヤコラとゴミ拾いをしておりますと直にスクーターで颯爽と現れたのが、栄龍石材社長米田龍治さん!

さっすが~!

やっぱ一人じゃないんだねえ!

ありがたいことです。お休みの日に前回に引き続いてご参加いただける!

同じ志を持つ同志ということですね。

それから2人で仲良くゴミ拾い。

龍治さんがゴミを集めその後から僕が藻を海の方へ押しやる!

こうしておけば潮が満ちたときに再び藻だけ海が持って行ってくれるだろう、って魂胆です。

まあなんといってもね、休憩時は龍治さん差し入れビールなんぞに舌鼓を打ち(暑いときの熱い作業後のビールは格別です)、会話に花が咲く!

この時間も重要です。

ああ、やはりこれは素晴らしく濃密な時間です!

かなりハイレベルな対話がなされております!ぶはっ^^・・・いや、ほんまに!

 

悶々たる学生も社会人も男も女もこれに参加すれば「生きる」根本義を肌で実感できるんではないかと思います。

「このくそ暑いのにまた台風でも来て元のゴミだらけになるような浜掃除なんか効率悪くてやってられますか!」

ってなことも思われるかもしれませんね。

いいんです、そんなことは。

みんながやるからやるんじゃないです。

みんなに褒められるからやるんでもない。

ただやむにやまれぬ大和魂ですね。

 

かっこつけてますかね?

まあそれもいいでしょう。

私本人も実に無駄な労力をかけてるんじゃあるまいか?!と少しくらい思わなくもないですが、

乗りかかった船ですし、やはりやらなきゃ何も始まらんし動かねえ。

 

こうやって龍治さんと濃密な対話を楽しみつつ例のゴミだらけの浜のゴミはほぼすべて拾い上げ、

藻も海のほうへ全部押しやり、酒を喰らいながらも目的の作業は終えたわけです。

17:00過ぎ、まだ明るいのでそんな時間だとは思いもしなかったが2人の同志は帰路に着きましたとさ。

みなさん、さようなら。

f:id:sarai-kitagiisland:20150726172004j:plain