読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族の対話

手作りわらじ「たいむすりっぱ」一足お買い上げ〜!

 

f:id:sarai-kitagiisland:20141217083426j:plain

人生で2回目のわらじ作りであるこの僕に

 

「これで一足作って。」とお札2枚(ご想像にお任せします)を差し出した奇特なお方は、

某S社Y氏。古文書解読を勉強して観光をプロデュースしようという発想の歴男兼スポーツマンだけに非常なるわらじへの執念といったところだろうか。

 

Y氏曰く、六島は明治前まで「武島」であったそうな!

 

Y氏の今後の研究に期待します^^




今日久しぶりに私のお父上から電話があった。

 

年1,2回ほどしか電話はかかってこない。こちらからはもちろんかけることはまずない^^;

 

お父上は大分に私の弟家族と一緒に住んでいる。笠岡に帰ることもめったにない。

 

電話の内容は安否の確認だけであったが、お父上は私が北木島で何をして暮らしているか?全く知らないんである!

北木島に住んでいるってことだけは知っている。

それでもって、

「元気でやりょーんか(やってるのか)?」

とは実に漠然とした問い合わせではないか?! 

 

でもって、また結局この度も私が北木島でいったい何をしているのか?ということは明かさずじまいだったわけである!だって全然突っ込まないんだもん!

 

ただこの度新事実が発覚した!

 

「それでおめえ北木島のどこに住んどんなあ?楠か大浦か?」

 

って、よく知ってるねえ北木島を!?って話で、

 

なんでも昔よく北木島に釣りに来ていたらしい!

 

でもって、そんなことは僕はまったく知らなかった!

 

お父上が釣りをしていたということさえも!

 

でもって、昔いた会社の釣り大会で優勝したこともあるなんてことも!

 

それも北木島で開催されて釣り上げたのは50cmもある魚だったらしいが、

 

何という魚か?聞くと、

 

「あのかまぼこにする魚じゃあ、名前は忘れた。」

 

と!

「それはスケトウダラかなんかじゃないのか?!」

と興奮気味に聞くと、

 

「いいや、そういうんじゃねえ。」

 

とこれまた実に漠然とした感じでこの対話は終了したわけだが。

 

釣った魚を家に持って帰っていた記憶もない。

けど、本人曰く持って帰っていたという。

 

お父上は私の中ではまったく無趣味で酒はたしなむ程度、たばこも博打も女も?やらないいったい何が楽しみで生きているのか?!

とずーっと思ってたような人だったから、

釣りをしていたということさえ意外な事実であったわけだ!

 

そういったことをも少しアピールしてくれていれば、

私もも少しお父上を尊敬していたりするかもしれないのになあ、と思ったりしたが、

お父上は抜群に健康な方で、

特別健康に気を使っている風でもないのに、

ほとんど風邪ひとつひかない勢いの健康体である。

私も間違いなくそれを引き継いでいるようなので、

充分尊敬できるお父上なのであった。

 

そして本日お父上にも新たな事実が知れた。

私が、北木島の大浦からちょっと南東の方へ行ったあたりに住んでいる、ってことが。

漠。